「海洋土木」が25位にランク、洋上風力発電などでも活躍期待され受注環境が上向く

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


 海洋土木の受注環境が大きく上向こうとしていることがランクアップの背景にあるようだ。2021年度に始まった政府の「防災・減災、国土強靱化のための5カ年加速化対策」で、港湾における津波対策や老朽化対策などが重点課題として挙げられていることに加えて、「大阪湾岸道路西伸部事業」や25年に開催予定の「大阪・関西万博」など大型プロジェクトが相次ぐ。また、洋上風力発電などの建設でも活躍が期待されている。


 特に注目されるのが、洋上風力発電の分野だ。政府は、40年までの洋上風力発電の導入目標として、原子力発電所30~45基に相当する3000万~4500万キロワットを掲げているが、洋上風力発電では、設備の設置や維持管理を行うために組み立て用、資機材保管用の後背地として一定の耐荷重と必要な面積を備えた埠頭が必要であり、国はこうした施設を「海洋再生可能エネルギー発電設備等拠点港湾(基地港湾)」として整備する。まずは能代港(秋田県)、秋田港(秋田県)、鹿島港(茨城県)、北九州港(北九州市)が指定されたが、今後洋上風力発電の開発が進むようなら基地港湾も増加が見込まれ、ビジネスチャンスは増えそうだ。また、洋上風力発電の設置でも海洋土木各社が強みを発揮する場面であり、受注動向などへの注目がこれまで以上に高まりそうだ。


 海洋土木関連銘柄といえば、業界トップの五洋建設<1893>をはじめ、東亜建設工業<1885>、若築建設<1888>、東洋建設<1890>などがあげられるが、この日は全般相場が大幅安のなか若築建、東洋建がしっかり。ただ、洋上風力発電は市場でも息の長いテーマとみられており、今後の注目余地は大きそうだ。



---------------------------------------------------- ▼ I'Rise Associates株式会社

https://www.i-rise-associates.com/

▼ 運営サイト

https://www.kabugaku.com

https://www.kawase-iroha.com

https://www.nikkan-commodity.com

▼ 証券・金融用語まとめ

https://profile.ameba.jp/ameba/i-rise-associates-ltd/

http://blog.livedoor.jp/i_rise_associates/

https://i-rise-associates.hatenablog.com/

https://note.com/i_rise

https://iriseassociates.blog.fc2.com/

https://iriseassociates.exblog.jp


▼ 公式Twitter

https://twitter.com/iriseassociates


▼ 公式Facebook

https://www.facebook.com/pages/category/Finance/IRise-Associates%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-105466881257839/

----------------------------------------------------

弊社情報サイトに関する注意事項
弊社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等を勧誘したものではありません。 弊社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を一切保証するものではなく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行なってくださいますようお願い致します。