日米とも過熱信号が灯る

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


◆11月3日のFOMC(米連邦公開市場委員会)は11月からのテーパリング(資産購入ペースの縮小)を決めた。だが、同日、NYダウは5日続伸し過去最高値を3万6178ドルに、ナスダックは8日続伸で1万5821ポイントに伸ばした。パウエルFRB議長の「いまは利上げの時期ではない」との発言を、マーケットは「利上げを急がない」と解釈し、株式市場に運用マネーの流入が続いた。


◆10月に2万8000円台後半で煮詰まりを見せていた日経平均株価だが、10月31日衆院選での与党勝利を確認して上放れ、11月4日は一時360円高の2万9880円まで上げた。こうなると、3万円回復から9月14日の高値3万0795円へ挑戦する可能性も出てくる。企業業績は好調で、年末商戦で盛り上がる12月初旬まで上昇基調が続いてもおかしくない。


◆そんな雰囲気が漂う株式市場だが、10月初旬の安値から1カ月が経過して日足のRCI(順位相関指数)はNYダウ、ナスダック、日経平均株価のいずれも高値圏に集まり、テクニカル的にはそろそろスピード調整がほしいタイミングだ。


◆原油(WTI)と国際商品先物指数のCRB指数は10月26日に高値をつけて調整局面にある。バルチック海運指数は10月7日の高値5650ポイントから調整入りし、暗号資産(仮想通貨)のビットコインは米国でビットコインETFが上場(10月19日)した翌日に高値を付けている。大きく高値を伸ばした他商品のマーケットがすでに頭打ちから調整に転じていることは、マネーの流れの変化を示唆するものであり、「次の調整は株式市場」という見方もできる。


◆期待される年末商戦はまだ先(ブラックフライデーは11月26日)で、サプライチェーン(供給網)の混乱やインフレ懸念はまだ解消していない。楽観ムードが漂う株式市場だが、皆が強気になる相場には注意が必要だろう。上げた銘柄では利食いを忘れず、ここからの個別株投資は機敏に対応していきたい。



---------------------------------------------------- ▼ I'Rise Associates株式会社

https://www.i-rise-associates.com/

▼ 運営サイト

https://www.kabugaku.com

https://www.kawase-iroha.com

https://www.nikkan-commodity.com

▼ 証券・金融用語まとめ

https://profile.ameba.jp/ameba/i-rise-associates-ltd/

http://blog.livedoor.jp/i_rise_associates/

https://i-rise-associates.hatenablog.com/

https://note.com/i_rise

https://iriseassociates.blog.fc2.com/

https://iriseassociates.exblog.jp


▼ 公式Twitter

https://twitter.com/iriseassociates


▼ 公式Facebook

https://www.facebook.com/pages/category/Finance/IRise-Associates%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-105466881257839/

----------------------------------------------------

弊社情報サイトに関する注意事項
弊社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等を勧誘したものではありません。 弊社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を一切保証するものではなく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行なってくださいますようお願い致します。