「水素」が20位、脱炭素の急先鋒担う究極のエネルギー

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


 カーボンニュートラル、いわゆる「脱炭素社会」に向けた取り組みが世界規模で進んでいる。太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーを活用する動きに光が当たり、株式市場でも有力な物色テーマとして投資資金を誘導しているが、もう一つ、燃焼時に二酸化炭素を出さない究極のクリーンエネルギーとして水素の存在が注目されている。


 脱炭素に向けた動きで日本は中国や欧州などの後塵を拝しているが、この究極のエネルギーである水素については、日本の産業界は技術面で世界に先駆している。水素は化石燃料と水蒸気を触媒によって反応させるほかに、水を電気分解しても作り出すことが可能だ。また、日本が優位性を持っているのは、水素と酸素の化学反応によって電気を作り出す「燃料電池」分野の技術力で、既にトヨタ自動車<7203>が大々的に打ち出している燃料電池車(FCV)や家庭用に使われる燃料電池の製品化で大きくリードしている。


 政府は昨年12月に発表した「グリーン成長戦略」で水素の活用促進に向けた戦略も盛り込んでいる。今後は再生エネ由来の「グリーン水素」のほか、化石燃料を改質して製造した水素であっても発生した二酸化炭素を地下に貯蔵することでカーボンニュートラルを実現する「ブルー水素」などの活用が有力視され、それに向けたインフラ整備を国策として推進していくことが想定される。


 関連銘柄としては主力どころでは岩谷産業<8088>、日本酸素ホールディングス<4091>、エア・ウォーター<4088>、川崎重工業<7012>、千代田化工建設<6366>などが挙げられるが、中小型株で木村化工機<6378>、日本精線<5659>、那須電機鉄工<5922>、長野計器<7715>、新日本理化<4406>、山王<3441>、加地テック<6391>、澤藤電機<6901>といった銘柄にもマーケットで熱い視線が注がれている。



---------------------------------------------------- ▼ I'Rise Associates株式会社

https://www.i-rise-associates.com/

▼ 運営サイト

https://www.kabugaku.com

https://www.kawase-iroha.com

https://www.nikkan-commodity.com

▼ 証券・金融用語まとめ

https://profile.ameba.jp/ameba/i-rise-associates-ltd/

http://blog.livedoor.jp/i_rise_associates/

https://i-rise-associates.hatenablog.com/

https://note.com/i_rise

https://iriseassociates.blog.fc2.com/

https://iriseassociates.exblog.jp


▼ 公式Twitter

https://twitter.com/iriseassociates


▼ 公式Facebook

https://www.facebook.com/pages/category/Finance/IRise-Associates%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-105466881257839/

----------------------------------------------------

弊社情報サイトに関する注意事項
弊社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等を勧誘したものではありません。 弊社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を一切保証するものではなく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行なってくださいますようお願い致します。