top of page

「アウトドア」が15位にランク、コロナ禍の夏場レジャーとして再脚光

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


 先週末16日には、気象庁は関東・甲信地区などが梅雨明けしたとみられると発表した。これからの夏本番とともに、レジャーへの関心が高まっている。しかし、感染力の強い新型コロナウイルスのインド型(デルタ型)の感染が日本国内でも広がるなか、警戒感も膨らんでいる。そんななか注目を集めているのが、「アウトドア」だ。


 他者との接触が避けられる感染リスクの低い、夏場の屋外レジャーとしてアウトドアに対する関心は高く、特に、キャンプへの人気が強いほか、登山、釣り、サイクリングなどが注目されている。関連銘柄は、キャンプ・登山用品でスノーピーク<7816>やヒマラヤ<7514>、アルペン<3028>、ゼビオホールディングス<8281>、カンセキ<9903>、それにゴールドウイン<8111>やデサント<8114>など。釣り関連では、グローブライド<7990>やティムコ<7501>、サイクリング関連ではシマノ<7309>やあさひ<3333>、ブリヂストン<5108>など。



---------------------------------------------------- ▼ I'Rise Associates株式会社

▼ 運営サイト

▼ 証券・金融用語まとめ


▼ 公式Twitter


▼ 公式Facebook

----------------------------------------------------

Comments


弊社情報サイトに関する注意事項
弊社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等を勧誘したものではありません。 弊社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を一切保証するものではなく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行なってくださいますようお願い致します。 

bottom of page