【注目】話題株ピックアップ:サイバーセキ、QDレーザ、レーザーテク

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


■セコム上信越 <4342>  4,520円  +700 円 (+18.3%) ストップ高   本日終値

 セコム上信越<4342>がストップ高。前週末28日の取引終了後、親会社であるセコム<9735>が同社の完全子会社化を目指してTOBを実施すると発表しており、TOB価格6350円にサヤ寄せする格好となった。セコムは現在、直接・間接合わせてセコム上信越株式の54.44%を所有しているが、完全子会社化により迅速かつ柔軟な意思決定及び経営戦略の実行による競争力強化やコーポレート機能などに関する人材の有効活用を含む経営資源の最適化、親子上場にかかる潜在的な利益相反問題の可能性の排除と上場維持コストなどの負担軽減を図るのが狙い。買付予定数は591万3769株(下限・上限設定なし)で、買付期間は5月31日から7月9日まで。なおTOB成立後、セコム上信越は所定の手続きを経て上場廃止となる予定だ。


■サイバーセキ <4493>  3,400円  +502 円 (+17.3%) ストップ高   本日終値

 サイバーセキュリティクラウド<4493>がストップ高、底値圏離脱に向け動兆著しい。同社は人工知能(AI)を活用したサイバーセキュリティーサービスを手掛けており、買収による業容拡大効果なども背景に収益拡大に拍車がかかっている。前週末28日取引終了後、米国でWAF(Webアプリケーション保護)の自動運用サービス「WafCharm AWS版」β版の提供を開始したことを発表、これが株価の刺激材料となった。米国ではサイバー攻撃が頻発化するなか、セキュリティー分野への関心が高く、20年の米国のサイバーセキュリティー市場は約6.7兆円規模に達した。そのなかAWSはクラウド市場で世界シェア約48%を有しており、「WafCharm AWS版」を提供するサイバーセキにとっても大きなビジネスチャンスとなっている。


■QDレーザ <6613>  1,645円  +134 円 (+8.9%)  本日終値

 QDレーザ<6613>が4日ぶりに急反発。同社はきょう、網膜投影型レーザアイウェア「RETISSA Display2」がSMBC日興証券(東京都千代田区)の49店舗に導入されたと発表しており、これが株価を刺激したようだ。「RETISSA Display2」は、眼鏡に内蔵された超小型プロジェクターで装用者の網膜上に直接映像を映し出すというレーザ網膜走査技術を採用した頭部装着ディスプレー。世界で初めて量産されたRETISSA Displayの後継機種として、2019年から販売されている。


■宮越ホールディングス <6620>  1,100円  +79 円 (+7.7%)  本日終値  東証1部 上昇率3位

 宮越ホールディングス<6620>が大幅高、5日移動平均線を絡め上値指向の強さを際立たせている。中国深センで進めているプロジェクト「ワールドイノベーションセンター(仮称)」において、同社が開発申請書の提出決議に至るなど進展をみせていることを背景に、同プロジェクトに絡む同社の中期的な業績拡大への期待が株高を後押ししているもようだ。株式需給面では信用買い残がここ増勢基調にあるが、出来高流動性が高く、直近開示された130万株強の買い残はそれほど気にならない水準。テクニカル的にも株価は日足一目均衡表の前方にある厚い雲をかわし青空圏浮上の動きをみせており、個人投資家の追随買いを誘った。


■レーザーテック <6920>  20,600円  +1,140 円 (+5.9%)  本日終値

 レーザーテック<6920>が6連騰で急速な戻り足をみせ、4月23日の高値1万9940円をクリアし上場来高値を更新。未踏の2万円大台乗せも果たした。ここ半導体関連株が見直される動きにあるが、そのなかマスクブランクス検査装置で世界シェアを独占しグローバル・ニッチトップの座を不動のものとする同社株への買い戻しに拍車がかかっている。半導体需給の逼迫と同時に半導体高集積化へのニーズも旺盛であり、最近はEUV(極端紫外線)露光装置などの市場が急拡大している。同社はEUV対応のマスクブランクス検査装置でも、オンリーサプライヤーとして注目度が高い。業績も絶好調、20年6月期営業利益は前の期比9割増を達成したが、21年6月期も前期比3割強の大幅な伸びを見込む。


■ティーケーピー <3479>  2,538円  +111 円 (+4.6%)  本日終値

 ティーケーピー<3479>が大幅続伸。この日、企業向けワクチン接種会場として、貸会議室の一部を無償提供すると発表しており、これが好材料視された。全国で運営する約250拠点、約2000室、約13万坪の貸会議室の一部を、政府が検討を進めている企業内ワクチンの接種会場として無償提供するとしている。なお、同社はこれまでもワクチン接種会場の提供や、ワクチン接種予約に関するコールセンターの設置、備品の提供、当日までの運営サポートなどワクチン接種に関するサポートを提案している。


■山一電機 <6941>  1,670円  +50 円 (+3.1%)  本日終値

 山一電機<6941>は続伸。前週末28日の取引終了後、自社株買いを実施すると発表しており、これが好感された。上限を30万株(発行済み株数の1.40%)、または5億円としており、取得期間は6月1日から8月31日まで。経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行および資本効率の向上を通じて株主への利益還元を図るためとしている。


■ラウンドワン <4680>  1,496円  +42 円 (+2.9%)  本日終値

 ラウンドワン<4680>が大幅高で6日続伸。SMBC日興証券が28日付で、投資評価「1」を継続し、目標株価を1500円から1800円へ引き上げたことが好材料視されたようだ。21年3月以降ワクチン接種が進んでいる米国の回復が顕著で、当面はこの傾向が続き短期的な株価ドライバーになると予想。国内は足もと不透明な状況だが、コロナ感染者数が抑制された20年10月や11月の実績を踏まえると、感染者が抑制されれば主力である若年層の強い回復は想定できるとしている。また、今上期には中国での初出店が計画されており、未開業であることからまだ成否は判断できないが、店舗当たり営業面積は米国より広く、収益性が高くなる可能性もあることから、うまくいけばアップサイドになるとしている。


■泉州電業 <9824>  3,345円  +75 円 (+2.3%)  本日終値

 泉州電業<9824>が続伸。午前11時ごろ、21年10月期の連結業績予想について、売上高を821億円から869億円(前期比17.0%増)へ、営業利益を33億円から38億5000万円(同23.2%増)へ、純利益を24億円から29億円(同23.4%増)へ上方修正したことが好感された。上期において電線の主材料である銅価格が大きく上昇したことに加えて、半導体製造装置向けの需要が好調に推移したことなどが貢献。また、子会社業績が好調だったことも寄与する。


■ファーマフーズ <2929>  3,155円  +70 円 (+2.3%)  本日終値

 ファーマフーズ<2929>が後場急伸。同社はきょう、育毛剤ブランド「ニューモ育毛剤」の海外販売を6月から中国とベトナムで開始すると発表しており、これが材料視されたようだ。中国においては、アリババ集団グループが運営する越境ECプラットフォーム「Tモール・グローバル」に出店し、初年度に5万本の販売を計画するほか、アリババ系の「アリヘルス」や中国ネット通販大手JDドットコムでの販売も予定している。また、ベトナムではSNSを活用し、現地代理店を通じたオンライン販売を行い、初年度に1万本の販売を目標に掲げる。今後、東南アジアへの進出なども計画されており、アジア全土での販売を加速させることで自社ブランドの普及を目指す。