リベンジ旅行も追い風に、「航空機関連」株に迫る再上昇気流に乗れ

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


―中長期で底打ち期待も台頭、ウクライナ危機で防衛絡みでも脚光浴びる―


航空機関連株に復活機運が高まっている。世界的な新型コロナウイルス感染拡大で大打撃を受けた航空機業界だが、足もとではコロナ禍の一巡による旅行需要復活とそれに伴う航空機需要の回復期待が世界的に高まっている。なお不透明な部分は残るが、市場には「航空機関連の需要は中長期で大底を打った」との期待も強い。日本には航空機部品などで高い実力を持つ企業が多く、見直し余地は大きい。


●海外でサマーシーズンの旅行需要拡大、航空大手の業績回復


 航空機需要への回復期待が膨らんでいる。海外ではサマーシーズンを迎え「リベンジ旅行」に向けた需要回復が伝えられている。例えば、旅行客や出張者の増加で英国ヒースロー空港の利用者数は急回復するなか、1日当たり旅客数の上限を設ける動きも出ているという。国際航空運送協会(IATA)では、世界の2022年の航空旅客数を約38億人と予想しており、コロナ前の19年の約8割まで回復する様子だ。新型コロナの派生型「BA.5」の感染拡大など不透明要因は残るものの、世界各国の水際対策の緩和は航空機需要の回復への流れを作っている。


 このなか、世界の航空大手の業績も回復傾向が見えてきている。アメリカン航空グループ<AAL>の4~6月期純利益は4億7600万ドルと3四半期ぶりに黒字転換し、約3年ぶりの利益水準となった。旅行需要の回復などが業績を押し上げた。デルタ・エア・ラインズ<DAL>の同利益も4~6月期に3四半期ぶりに黒字化している。


●ボーイング絡みで東レや川重、ジャムコなど注目


 この航空大手の業績回復は日本企業にも及んでおり、ANAホールディングス <9202> [東証P]が1日に発表した第1四半期(4-6月)の連結純損益は、国際線の回復などが寄与して10億200万円の黒字(前年同期は511億5900万円の赤字)と10四半期ぶりに利益を確保した。日本航空 <9201> [東証P]の同期の最終赤字も縮小した。今後の航空機関連株の動向に関しては、「新型コロナに加え米中間の緊張拡大などが警戒材料となるものの、航空機産業は中長期的な底を打った可能性があり、長い目では買い場となりそうだ。特に、ナスダック市場などに上場するハイテク株が上昇すればリスクオンの流れに乗る格好で航空機関連株も値を上げる展開が期待できる」(アナリスト)との声が出ている。


 個別の航空機関連株では、ボーイング<BA>絡みの需要が期待できそうだ。ボーイングは今後20年間に4万1170機の航空機が必要になると予想。アジア太平洋地域を中心に大幅な伸びを見込んでいる。更に、構造的不具合で引き渡しが滞っていた中型機「787ドリームライナー」の納入再開に向けた動きも出ている。こうしたなか東レ <3402> [東証P]は、同社の航空機向け炭素繊維複合材料(CFRP)のボーイング787向けなどへの需要増が期待されている。帝人 <3401> [東証P]も航空機向け炭素繊維で東レに続く世界2位の実績を持つ。また、ボーイングの主翼や胴体の製造には三菱重工業 <7011> [東証P]や川崎重工業 <7012> [東証P]が携わっている。ジャムコ <7408> [東証P]は航空機向けトイレやギャレー(厨房)で世界トップの実績を誇っている。


●IHIや大阪チタ、邦チタなどの株価上昇に期待


 IHI <7013> [東証P]は日本の航空機エンジン生産のリーディング企業でボーイングや欧州のエアバス向けで実績を持つ。防衛省が使用する航空機エンジンの主契約者であり、ウクライナ情勢などに絡み防衛関連としても注目されている。航空機需要に加えロシアのウクライナ軍事侵攻で一気に注目を浴びたのが、大阪チタニウムテクノロジーズ <5726> [東証P]と東邦チタニウム <5727> [東証P]だ。レアメタルであるチタンは航空機向けのほか半導体業界向けなどに高水準の需要があるが、主要供給国はロシアであり、両社に対して代替需要が膨らむとの期待が強い。邦チタは第1四半期の好業績を発表したものの、23年3月期業績予想を据え置いたことから売られたが、株価の調整場面は拾い場との見方が多い。


 東邦亜鉛 <5707> [東証P]は、航空機用特殊鋼向けの電解鉄事業の売り上げが伸びている。ナブテスコ <6268> [東証P]は、航空機メーカーに機体コントロールの中核となる操縦系統システムや各種装備品を提供している。更に、住友精密工業 <6355> [東証S]はプロペラ・脚・熱交換器など航空機用機器を手掛けているほか、日機装 <6376> [東証P]はカスケードなど各種航空機部品を製造している。シンフォニア テクノロジー <6507> [東証P]は航空機用電源システムを扱っているほか、新明和工業 <7224> [東証P]は航空機の幅広いコンポーネントを生産している。加えて航空機リースのオリックス <8591> [東証P]や東京センチュリー <8439> [東証P]なども注目したい。



---------------------------------------------------- ▼ I'Rise Associates株式会社

https://www.i-rise-associates.com/

▼ 運営サイト

https://www.kabugaku.com

https://www.kawase-iroha.com

https://www.nikkan-commodity.com

▼ 証券・金融用語まとめ

https://profile.ameba.jp/ameba/i-rise-associates-ltd/

http://blog.livedoor.jp/i_rise_associates/

https://i-rise-associates.hatenablog.com/

https://note.com/i_rise

https://iriseassociates.blog.fc2.com/

https://iriseassociates.exblog.jp


▼ 公式Twitter

https://twitter.com/iriseassociates


▼ 公式Facebook

https://www.facebook.com/pages/category/Finance/IRise-Associates%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-105466881257839/

----------------------------------------------------

弊社情報サイトに関する注意事項
弊社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等を勧誘したものではありません。 弊社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を一切保証するものではなく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行なってくださいますようお願い致します。