来週の株式相場に向けて=リベンジ消費が東京市場を救うか

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


 6月第1週(5月30日~6月3日)の日経平均株価は979円(3.7%)高と大幅上昇した。これはウクライナ危機とインフレ懸念で株価が乱高下した3月下旬以来の上昇幅だ。特に、日経平均は3日に約2カ月ぶりに2万7700円台に乗せた。


 この堅調な相場は「インフレ懸念が過度に織り込まれていたことの反動の動き」(市場関係者)との見方がある。米国では住宅関連指標の落ち込みが警戒されているほか、先行きの個人消費にも不安感が台頭。このなか、9月米連邦公開市場委員会(FOMC)は一時利上げ停止か、との見方も流れた。とはいえ、「依然として米国のインフレ懸念は根強い」(同)。今晩の米雇用統計や来週10日に発表される米消費者物価指数(CPI)の結果次第では、再びインフレ懸念が台頭することもあり得る状況だ。


 そんななか、市場関係者は「東京市場の内需関連株の底堅さ」(アナリスト)に注目している。新型コロナウイルスの感染拡大が一服し、日本は経済再開(リオープン)に向けて動きだした。この日は、5月の既存店販売の好調を受けファーストリテイリング<9983>が急上昇したが、良品計画<7453>も値を上げ、ユナイテッドアローズ<7606>が年初来高値に買われている。過去2年強にわたるコロナ禍に見舞われ外出を控えてきただけに、個人消費の出動余地は大きい。「高島屋<8233>や三越伊勢丹ホールディングス<3099>などの百貨店を含めリベンジ消費に絡む動きに注目すべき局面なのかもしれない」(市場関係者)ともみられている。更に、大成建設<1801>が年初来高値を更新したほか、三井不動産<8801>も高値圏で強含むなど建設株や不動産株も要マークの状況にある。


 来週は米CPIが最大の注目点だが、9日の中国5月貿易収支や欧州中央銀行(ECB)理事会への関心も高い。国内では、9日に5月工作機械受注が発表され、10日は先物のメジャーSQとなる。9日には積水ハウス<1928>が決算を発表する。


 また、8日にはグロース市場にANYCOLOR<5032>が新規上場する。同社は初のVTuber(Vチューバー)企業の上場として市場関係者の話題を集めており、その動向が注視されている。来週の日経平均株価の予想レンジは2万7400~2万8200円前後。



---------------------------------------------------- ▼ I'Rise Associates株式会社

https://www.i-rise-associates.com/

▼ 運営サイト

https://www.kabugaku.com

https://www.kawase-iroha.com

https://www.nikkan-commodity.com

▼ 証券・金融用語まとめ

https://profile.ameba.jp/ameba/i-rise-associates-ltd/

http://blog.livedoor.jp/i_rise_associates/

https://i-rise-associates.hatenablog.com/

https://note.com/i_rise

https://iriseassociates.blog.fc2.com/

https://iriseassociates.exblog.jp


▼ 公式Twitter

https://twitter.com/iriseassociates


▼ 公式Facebook

https://www.facebook.com/pages/category/Finance/IRise-Associates%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-105466881257839/

----------------------------------------------------

弊社情報サイトに関する注意事項
弊社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等を勧誘したものではありません。 弊社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を一切保証するものではなく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行なってくださいますようお願い致します。