東京株式(大引け)=200円安と続落、不透明感強く上値重い

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


 22日の東京株式市場で日経平均株価は続落。中国恒大集団の債務問題などに対する不透明感が強く、上値の重い展開が続いた。


 大引けの日経平均株価は前日比200円31銭安の2万9639円40銭。東証1部の売買高概算は12億359万株。売買代金概算は2兆8901億円となった。値上がり銘柄数は287と全体の約13%、値下がり銘柄数は1847、変わらずは53銘柄だった。


 前日の米株式市場では、NYダウが50ドル安と4日続落。これを受けた東京市場も下落してスタートした。午前10時過ぎに、「中国恒大集団が23日の利払いを実施すると発表した」と伝わると買いが優勢となり、日経平均株価は一時プラス圏に浮上する場面があった。しかし、恒大集団の社債の利払いは今後も続くことから、買い一巡後は再び下落した。今晩には、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表が予定されているが、東京市場は明日が休場となることもあり様子見姿勢が強く、後場は一進一退が続いた。


 個別銘柄では、レーザーテック<6920>やキーエンス<6861>が安く、トヨタ自動車<7203>やダイキン工業<6367>が値を下げた。三井物産<8031>や伊藤忠商事<8001>、三菱商事<8058>といった商社株が売られた。日本製鉄<5401>やファナック<6954>、SUMCO<3436>が軟調だった。


 半面、ソフトバンクグループ<9984>や任天堂<7974>が高く、日本郵船<9101>や商船三井<9104>、川崎汽船<9107>といった海運株がしっかり。ソニーグループ<6758>やファーストリテイリング<9983>が買われた。東京電力ホールディングス<9501>や日本電子<6951>、東芝<6502>が値を上げた。



---------------------------------------------------- ▼ I'Rise Associates株式会社

https://www.i-rise-associates.com/

▼ 運営サイト

https://www.kabugaku.com

https://www.kawase-iroha.com

https://www.nikkan-commodity.com

▼ 証券・金融用語まとめ

https://profile.ameba.jp/ameba/i-rise-associates-ltd/

http://blog.livedoor.jp/i_rise_associates/

https://i-rise-associates.hatenablog.com/

https://note.com/i_rise

https://iriseassociates.blog.fc2.com/

https://iriseassociates.exblog.jp


▼ 公式Twitter

https://twitter.com/iriseassociates


▼ 公式Facebook

https://www.facebook.com/pages/category/Finance/IRise-Associates%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-105466881257839/

----------------------------------------------------

弊社情報サイトに関する注意事項
弊社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等を勧誘したものではありません。 弊社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を一切保証するものではなく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行なってくださいますようお願い致します。