東京株式(大引け)=76円高と5日ぶり反発、買い一巡後は様子見姿勢

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


 2日の東京株式市場で日経平均株価は5日ぶりに反発。前日の米株式市場が上昇し、円安が進行したことが追い風となったが、買い一巡後は様子見姿勢が強まった。


 大引けの日経平均株価は前日比76円24銭高の2万8783円28銭。東証1部の売買高概算は9億455万株。売買代金概算は2兆733億円となった。値上がり銘柄数は1773、値下がり銘柄数は346、変わらずは73銘柄だった。


 前日の米株式市場では、NYダウが131ドル高と3日続伸しS&P500種指数は連日の最高値更新となった。為替相場では1ドル=111円半ばに円安が進んだ。この流れを受け、東京市場も堅調にスタート。午前10時前には日経平均株価は一時140円を超す上昇となる場面があった。ただ、買い一巡後はもみ合い状態が続いた。東証1部の約81%の銘柄が上昇し、33業種のうち下落したのは小売りの1業種のみだった。今晩の米6月雇用統計の発表を前に後場に入ってからは模様眺め状態となった。


 ソニーグループ<6758>やソフトバンクグループ<9984>、トヨタ自動車<7203>が高く、任天堂<7974>やエムスリー<2413>が値を上げた。日立製作所<6501>や村田製作所<6981>が買われ、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>や三井住友フィナンシャルグループ<8316>が堅調だった。直近IPO銘柄の日本電解<5759>やステムセル研究所<7096>、Enjin<7370>などが商いを伴い値を上げた。


 半面、レーザーテック<6920>が安く、東京エレクトロン<8035>やアドバンテスト<6857>が値を下げるなど半導体関連株は軟調。ファーストリテイリング<9983>やエーザイ<4523>、セブン&アイ・ホールディングス<3382>が売られた。ラオックス<8202>や川崎汽船<9107>、ワークマン<7564>が下落した。



---------------------------------------------------- ▼ I'Rise Associates株式会社

https://www.i-rise-associates.com/

▼ 運営サイト

https://www.kabugaku.com

https://www.kawase-iroha.com

https://www.nikkan-commodity.com

▼ 証券・金融用語まとめ

https://profile.ameba.jp/ameba/i-rise-associates-ltd/

http://blog.livedoor.jp/i_rise_associates/

https://i-rise-associates.hatenablog.com/

https://note.com/i_rise

https://iriseassociates.blog.fc2.com/

https://iriseassociates.exblog.jp


▼ 公式Twitter

https://twitter.com/iriseassociates


▼ 公式Facebook

https://www.facebook.com/pages/category/Finance/IRise-Associates%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-105466881257839/

----------------------------------------------------